SNSのやり過ぎで疲れた時はこうする(SNS で疲れを解決する方法)

カテゴリー
スポンサーリンク

 SNS で疲れを解決する方法

 

 SNS を使いすぎると不幸になると言われています。とはいってもそれがなぜなのか、あまり考えることもありませんね。改めてここで SNS の疲れるということをの原因を調べてみたいと思います。

SNSすごいストレスが溜まったりしますよねえ

 SNS でたくさん人と交流すると相手と仲良くなれると思って勝手に思ったりして1日に数十回も何百回もメール交換してる中なのに油がうまくいかないためにすごいストレスが溜まったりしますよねえ

 

心理学でヤマアラシのジレンマという概念があります。寒さの中に火の山行ったりして離れてると寒いので体を温めたりする体を寄せ合う。しかし、近づきすぎるとお互いの絆が相手に刺さって痛みを感じたりします。 まあまあ仲良くなりすぎると面倒くさいことになるってことですね。

 

これがですね認識が近づいたり離れたりを繰り返しながら隣に気付かずちょうどいい距離を見つけるのが一番ですね。

 

 

これ人間に例えると同じような事になります。例えば距離が近づきすぎると傷つけるようなことですね。

 

SNSと新婚さん

 

この心理がわかる事例が新婚さんです。

 

ラブラブだったのに結婚した途端に喧嘩だらけになったりする。

 

男同士でもとしてもそういうことがある。あとは、スポーツでも運動部でも倶楽部でも、チームメイトもそうだ。およそ団体やカップルなど、みんなそうだと思います・やたらと仲良くなるとなかなかうまくいかないということがありますね。やたらと仲良くなってしまうと相手の悪い部分も見えてくる。

 

この心理がわかると分かれば例えば恋人同士の時は、ラブラブだったんだけども結婚した途端に今喧嘩が増えるのも分かっていますよね

 

 

Facebook にも同じような法則がある

 

ミシガン大学の研究では Facebook を使えば使うほど落ち込んだ気分になり生活満足度が下がり時間的な幸福も喧嘩することが明らかになりましたということです

 

 SNS使えば使うほど落ち込んだ気分になり生活満足度が下がり時間的な幸福も喧嘩することが明らかになりましたということです。

 

SNS はあくまで道具

これ大事なことは SNS はあくまで道具だということを忘れてはいけません。

上手に使えばコミュニケーションを深めることができるんですけれども使いすぎたり使い方を間違えたりすると人間関係は感染してる幸福度を低下させたりします

 

それを避けるために SNS をリアルなコミュニケーションの保管ツールとして使うことですあくまでリアルを重視して SNS は補助的に使えばそんなに疲れることはありません SNS の世界がメインになってしまうと SNS に振り回されて疲れが生じてしまいます。

 


カテゴリー
スポンサーリンク
benriyamasterをフォローする
「栄光のベンリONE」潜在意識と便利屋さんとマーケティング
タイトルとURLをコピーしました