コレステロールを下げたい時は両親に感謝の手紙を書きまくれ!

潜在意識

 

血管に溜まって心臓病や脳梗塞を引き起こし突然死の原因ともなり得るコレステロール。

 

一旦増えるとなかなか減らすことができないうちに厄介な代物である。

 

健康な食生活と適度な運動しか解決策はないと思われがちだが、実は心理的なテクニックで回避できる。

スポンサーリンク

言葉が体質を作る!コレステロールも変化を!

適度なレベルまでコレステロールを下げた上に幸福感も増すことができてしまうメンタリズムの言葉

 

心理的にコレステロールを手っ取り早く減らしたいのなら、両親に感謝の手紙を送ってみよう

 

アリゾナ大学は2007年に行なった実験によると、両親や仲の良い友達に対して20分ほど感謝の気持ちを綴った参加者は、総コレステロールのレベルが平均して170 mm から159 mm にも下がったいう薬でコレステロールを下げた場合とほぼ変わらない劇的な改善ぶりだ!

 

実験では1ヶ月に一回だけ約20分ほどお手紙を書けば、コレステロールが適度なレベルに維持されるらしい。

まとめ

手紙にここまで効果がある原因は不明だが、面倒でも手軽に副作用もなくコレステロールが下がるのだから試さない手はない。

 


潜在意識健康
スポンサーリンク
benriyamasterをフォローする
「栄光のベンリONE」潜在意識と便利屋さんとマーケティング
タイトルとURLをコピーしました