メールで人をほめるには、件名にほめ言葉を書き込め。なぜなら、あなたはとても素晴らしい人格者でかつ見た目も素敵だからだ。

人間関係

スポンサーリンク

何より誉め言葉が先決です!

「優しい方で本当に感激しました」
これを普通の文面に入れたら、相手はお世辞でも嬉しくなると思いませんか?

「本日はお会いしていただき、ありがとうございまいました」その人に気に入られたい、気に行って欲しい、仲良くなりたい、そんな意中の相手にメールを送る際には、本文中にはほめ言葉を書いて、インパクトを与えられるのがいい。簡単にいえば、単純によい印象を残すのだ。

ライバル達を出し抜くには、ほめ言葉を件名に囲むが正解だ

ほめ言葉を件名に入れるというのは、おべっかを浸かっているというように印象を残すような気もするが、全くそんなことを意に会する必要はない。ほめ言葉はほめ言葉以外にない、という決意のもとで、ほめ言葉を使うのです。ただし、ほめ言葉はぬけぬけと使っていいのだが、やたらと何度も使う必要はない。

 

ストレートに、ダイレクトに。ほめ言葉を!

 

トップのキャバクラやホスト達がよく使うテクニックで、件名に「優しい方ですね」「頭がいいですね」と磨いた短文の植え方をを書き込む

もしものことだが、なぜ件名から相手を褒めるキーワードを埋め込むのか、それは内容を読む前に件名だけで、誉め言葉があれば、中味を読む前から印象がいいからである。逆にほめ言葉もなく、そっけねい件名だと、全く読まない、あるいは読むのが後回しになる可能性があります。

大切なのは、相手の弱点を見抜くこと。相手の意表を突き、意外な喜びを喚起するのがいい!!

この際相手が強そうな見た目なら、「あなたは優しい」。相手が思ってもいない、逆のポイントを書けば、この承認欲求をくすぐりさら に印象がアップするはず。

将来の商談や約束事、いろいろな要素がありますが、少なくとも普通の文面よりは、接近度がアップして、いい結果がでることは間違いないですね。

 


タイトルとURLをコピーしました