仕事や面談時に高感度を上げたいときは加山雄三になりきってポジティブキーワードを大きな声で言ってみる!

仕事

出典:ニッポン放送

転職における面接のみならず、普段の仕事や、折衝の場合、会話の一つ一つの単語や、口調、抑揚が大きな転機をもたらすことがある。
言葉は、人間の発達の歴史に大きな影響をもたらしており、言葉そのものが、人類の発展の原動力であるといっていいだろう。あなたが、今後、転職したり、起業する場合においても、新しい会社の役員との面談、あるいは銀行での借り入れの交渉、お客様の集客など、リアルな場面においては、言葉一つ一つをどう選ぶで「受かるか、落ちるか」「借りれるか、不可か」「売れるか、売れないか」これらの積み重ねで、「成功するか、失敗するか」に分かれる。

スポンサーリンク

大切なのは「言葉を選ぶこと」、しかもなるたけ「ポジティブな言葉を選ぶこと」があらゆる物事を進める上で大切なことです。

ともあれ、会話中に自分の好感度を上げたいときは、ポジティブな単語を大きく発言する方法が手っ取り早い。このやり方は、マジシャン他、多くのアーティストが使う超基本のテクニックだ。

例えば「こないだ散歩していたんだど、すごく「良い天気」で、うれしくなって4キロぐらい歩いちゃった。といったように

「好き」「素敵」「うれしい」「楽しい」「幸せだなぁ」

これらのようなポジティブでハッピーな単語がスルスルと会話の中で出てくると、あれよあれよと人は、あなたの話している内容はともあれ、あなたに関心を持ってしまうのは間違いありません。

加山雄三の「君といつまでも」が永遠に人気なわけ

加山雄三の最も人気で歌い継がれている歌に「君といつまでも」があります。
これは、結婚式の披露宴パーティーでも、年代を超えて歌われている歌ですね。
特に団塊世代からバブル世代にかけては、カラオケでもよく歌われています。

やはりこの歌詞の中のポジティブキーワードがすごいのです。

幸せだな~
ぼくはキミといる時が一番幸せなんだ
ぼくは死ぬまでキミを離さないぞ
いいだろう!」

キミの瞳は、星と輝き、
恋するこの胸は炎と燃えている~!

作詞:岩谷時子、作曲:弾厚作(加山雄三)、編曲:森岡賢一郎

どうですか!

「幸せ」「一番」「話さない」「いいだろう!」「星」「輝き」「恋」「炎」「燃えている」

短いフレーズの中に、ポジティブキーワードがぎゅう詰めに詰め込まれていますね!!

これでは、相手の方も、恋に落ちないわけにはいかない、

という気がしませんか!?

さあ、ここで、あなたも若き加山雄三のマネをして

ポジティブキーワードを思いきり大声で連発してみましょう!!!

まとめ

結局、仕事選びや、起業、自営業、それぞれの道は、ある種の「恋」「出会い」「運命」という意味では、恋愛と同じようなものかもしれません。
素敵な恋をすることと同じように、お仕事も恋心を持って、ポジティブキーワードを発しながら動いてみれば、素敵な相手は、あっちからやってくるかも。(引き寄せの法則)

 

君といつまでも (きみといつまでも) は、加山雄三の5枚目のシングル。1965年12月5日発売。

収録は毎日放送千里丘放送センターで行われた。編曲(アレンジ)が気に入った加山が、嬉しさのあまり「いやあ、幸せだなぁ」と呟いた。そのことから、後に流行語となる台詞が間奏に収録されることとなった。
300万枚を超える大ヒットになり1966年の第8回日本レコード大賞の特別賞となった。
1966年には、アメリカのキャピトル・レコードからシングル盤が発売されている。曲名表記は「君といつまでも」が「Love Forever (Kimi-To-Itsumadero)」(ママ)、「夜空の星」が「A Star In The Night (Yozara No Hoshi)」。

君といつまでも – Wikipedia

 


タイトルとURLをコピーしました