神保町の天丼・とんかつ「いもや」へ急げ!

また一つ、昭和的な名店が消えてゆく。ああ。

神保町の丼系老舗「いもや」が、3月31日をもって閉店するそうだ。

創業が1959年。それから、神保町界隈の「飢えた奴ら」の見方として、ひたすら「美味い天丼」、「とんかつ」を非常に安価で提供しつづけてきてくれた。

筆者は特に、勤め人の頃、神保町界隈のクライアントとの打ち合わせの帰りに、よくよく立ち寄ったものだ。

よく行ったのは、「とんかつ いもや二丁目店」。入口に入ると皆静かにカウンターでとんかつを食らっている。そして、入口から壁沿いにつづく木製のベンチにすわり、カウンターの席があくのをじっと待つ。

この、待ち、の時間が楽しかった。

1990年前後、よく通ったが、あの頃は確か、とんかつ定食が600円ぐらいであったか。注文すると、さらに大きな「かつ」が盛られてきて、ドバーっとソースをかけて食すのだ。味噌汁は、しじみ汁。ずるりとやりながら、ガブリとかつにかぶりつき、めしをばくっと頬張り、またもや、しじみ汁をずるり。

ともあれ、あとがない!

店が閉まってしまう前に、さあ、神保町の「いもや」へGOだぜ!

情報元:Jタウンネットにこにこニュース
    食べろぐ(天ぷら いもや)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする