Apple発表の新型「iPhone X」に顔面認証以外のセールスポイントはあるのか?

AppleのiPhoneシリーズ、毎年の新製品発表の季節になりました。
その概要を、シンプルにまとめてみました。

Appleによる「iPhone X(テン)」のサプライズ披露

Appleは現地時間9月12日(日本時間13日午前2時)、iPhoneシリーズの新型モデルとなる「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」を発表。

iPhone発売10周年記念の特別モデル「iPhone X(テン)」をサプライズ披露。

【発売予定】

予約注文は10月27日から
一般発売は11月3日から
色はスペースグレイとシルバー

 iPhone Xの性能の概略

【ディスプレイ】

有機ELの5.8インチディスプレイを採用。
Super Retina Displayと呼ばれるOLEDのディスプレイを初めて搭載。
解像度2436×1125、455PPIに対応。
より鮮明な描写が端末のスクリーン全体に広がるデザイン。
ステンレススチール製のフレームを強化。
水性能と防塵性能搭載。

【最大の目玉・顔認証システム「Face ID」】

iPhone Xは端末の全体が(ホームボタンがない)スクリーン。
使用には顔認証が必要。
ユーザーはスクリーンを見ることで、顔認証を行い、ロックが解除される。

Face IDには、フロント中央上部に「True Depthカメラ」を使用。
iPhone Xのどの角度からでも顔の判別ができる。
テーブルに置いてある状態からでもスマホを解除することができるという。
3万以上の目に見えないドットを照射し、顔の精緻な深度を測って個別認証を行う。

【顔面認証の悪用の可能性は100万分の1】

他人がFace IDを悪用してスマホを解除できる確率は100万分の1とのこと。

【顔認識機能を生かした新機能~パンダとゴリラの絵文字】

「Animoji(アニ文字)」という新機能がある。
人の顔の筋肉の動きを分析し、表情に合わせたパンダやゴリラなどの絵文字を出す。

【充実の高スペック】

背面カメラは、デュアル1200万画素。
バッテリー駆動時間はiPhone 7より最大2時間長くなっている。

【なんと、iPhone Xは充電ケーブル不要!】

ワイヤレスの未来を見つめて設計されましたとのこと。
目玉機能としての、ワイヤレス充電か。

【iPhone Xの価格】

64GBが11万2800円(税別)
256GBが12万9800円(税別)

【benri-one的印象は】

ワイヤレス充電は、なんとなく使い勝手がいい感じかな。
バッグの中のケーブルとかが減るのがありがたい。
顔面認証は、アンドロイド等に既存品があるけれど、やはりiphoneの普及度によって通常化するのかも。
電車の中とかで、iphonをバッグからとりだして、顔面に写して得意気に花膨らませるiphoneオタクの様子が、なんか待ち遠しい、という感じかな。

さて、あなたは、全面ディスプレイ、顔面認証、新機能にこだわるか?

ちなみに筆者は、6plusS.保持者。バッテリーはちょっとヤバいが、あと2年は意固地に使う予定。

参考:www.apple.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする