ふつうの人が”成功”する方法は、っとは?!

ふつう、ってなんだろう?

天才でも、秀才でも、なんでもない、

ふつう。

成功している人は、意外に、

最初は、ふつう、だったんですね。

実は、、、

いつも成功している5%の人には
ある秘訣があります。

成功」というものを考えたとき、
人は2種類にわけられます。

いつも成功する人と、
いつも失敗する人です。

「ガイアの夜明け」や
「カンブリア宮殿」にも出演。

多くのメディアが注目の
原田隆史先生が

中学教師として、
陸上部の監督として、
大学や企業研修の指導者として、

また、原田先生が主宰している教師塾、企業人塾の塾頭として、
過去20年間にわたり3万人以上の人たちを
指導してきた結果から明らかになったことは、、

いつも同じ成功する人が5%
いつも同じ失敗をする人が95%

ということなのです。

95%の人は、どうすれば目標を達成できるのか?
成功できるのか?

ということを知らないために、
いつも失敗を繰り返します。

反対に5%のいつも成功する人は、
「天才」や「カリスマ」「奇跡」などと呼ばれます。

いつも成功する5%の人の
秘訣とは、、、、

このDVDブックで明らかにされます!

最初は問題だらけでした、、、しかし

1996年4月。

中学の教師である原田隆史先生は、
教師生活最後となる
大阪市内の公立中学に赴任しました。

原田先生の赴任した当時この学校は、
数多くの問題を抱えていました。

暴力、タバコ、いじめ、
理不尽な上下関係などが
蔓延していました。

学校に隣接する公園には
ホームレスの方々のテントが並び、
戦前から続く歓楽街も校区の中。

さらには大阪市でも有数の繁華街も近く、
カラオケボックスや
ゲームセンターにも多くの生徒が
常時出入りしている状態でした。

平気で遅刻をする、
忘れ物を繰り返す。

教師が目を離すと暴力事件が発生する。

そんな環境の中で子どもたちは
本来持っているはずの
「自信」や「誇り」「夢」を
一切持つことができない状態だったのです。

しかし、原田先生はこのような状態の中で
陸上部の顧問となり、
赴任からわずか3年で”ふつう”の生徒が
日本一になる学校に変えてしまったのです。

それも13回もです。

なぜ原田先生は、
素質や才能が特別に秀でているわけでもない、
“ふつう”の子どもたちを
日本一に育てることが出来たのでしょうか?

答えは簡単。

それは達成は「技術」だからです。

「ガイアの夜明け」や
「カンブリア宮殿」にも出演。

多くのメディアが注目の
原田先生の目標達成メソッド。

普通の中学生を7年間で13回も日本一に導いた
原田先生から達成の技術を学んでみませんか?

まずはこちらをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする